コートヤード台北ダウンタウン 宿泊記【エグゼクティブルーム】

2019年3月に台北に行った際に
SPG・マリオット系列のコートヤード台北ダウンタウン(Courtyard by Marriott Taipei Downtown)に泊まりました。
私はこの系列の当時チタンエリートだったので
予約できる一番安い部屋からラウンジアクセス出来る
キングベットのエグゼクティブルームの部屋にアップグレードしてもらえました。

スポンサーリンク

外観



建物自体も新しく出来たばかりみたいで全体的にきれいです!
1回のテナントは工事中でまだお店が入っていないところもありました。
ちなみに、このホテルは14階から
ホテルの部屋になっているのですが、受付は1階にあります。
よくある受付が上の階にあるタイプではなかったです。
なのでチェックインも1階で行います。

内部



エレベーターはこんな感じで
よくある
カードキーかざして自分の階しか押せない仕様です。


内部もこのように出来たばかりなのできれいです!

部屋





バスルームはベットから丸見えですが
お部屋はこんな感じで落ち着いています。

部屋その他


シェラトン都ホテル大阪にもありました、ワイヤレス充電対応の
時計とBluetoothスピーカーありました。



ミニバーなどはこんな感じです。

バスルームなど




湯船とシャワーが別でアメニティーも歯ブラシありました!

ラウンジ






ラウンジはこの通り飲食はすごく寂しい感じです。
ちなみにこのときの時間は16時ぐらいでしたが
どの時間に来てもあるものは変わりません。。。

でもその影響か人は全然いなく
ラウンジ自体は広々と利用はできます!
こういった場所でなにかPC作業とかしたい人にはおすすめです。
飲食は期待しないほうがいいです。

その他




スリッパはこんな感じでロゴもあり、しっかりしてました。

動画

こちらでは動画で紹介しています。

まとめ

コートヤード台北ダウンタウンですが
建物自体新しくきれいで良かったです!
スタッフさんも愛想よく、不満に思うこともありませんでした。

立地もよく行天宮にも近いです。
ですが最寄り駅が歩いて10~15分ぐらいはあるのでちょっと遠いです。
あと残念だったのはラウンジの飲食物があまりにも寂しい感じだったことです。
ラウンジがすごく小さい都ホテル大阪でももう少しあったのと
値段も2万円ちょっとだったので、
もう少しサービスがいいと良かったかなと思いました。
私的には星4つです。

このホテルはコートヤードブランドなので
そんなに高級感はありません。

もし高級感を求めるのであれば5千円ほど値段があがりますが
マリオット台北やダウンタウンが付かないコートヤード台北をおすすめします。
残念ながら中心地から遠いので立地は悪いですが
近くにショッピングモールやコンビニがあったりなど
買い物には不便しないです。

おすすめスーツケース

私が愛用している機内持ち込み可能なスーツケースです!

【機内持ち込み可能】極静音でコスパ最強のスーツケース!!!【BRIGHTECH】

上級会員になれるSPGアメックスカード

このクレジットカード発行だけでゴールド会員になれます!

SPGアメックスカードを発行するだけでSPG・マリオット系列のゴールド会員に!

マリオットグループランキング

私的なランキングにまとめてみましたのでよろしければ!

マリオットグループ実際に泊まってみてよかったトップ10(2019年7月時点)

ホテル予約するならこちらがおすすめです
・エクスペディア
・Hotels.com

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA