香港版iPhone XS MaxのDSDSでAIRSIMを使ってみた。

今回はiPhone XS MaxでDSDSを試すと同時にAIRSIMがちゃんと使用できるか確認してみました。
ただデュアルSIMデュアルスタンバイはもともとニッチですがを
日本で使用したらどうなるかは、いろいろなサイトで取り上げられそうなので
更にニッチな方向で確認してみました。

スポンサーリンク

まずSIMのスロットはこうなっています。


左が裏面ですが黒いバネみたいな感じのがあり、しっかりはまるようになっており
SIMのスロットを出しても落ちないようになってます!

 

そして今回は主回線をマイネオ、副回線をAIRSIMで試しました。
まず黒いバネみたいなのがある方が副回線に認識されます。
なのでAIRSIMを裏側にセットしてみました。


差し込むとこのような画面が出てきます。


続けるを押すとこの画面が出てきます。
ここで自分がわかりやすい名前に変更することも可能です。
私の場合は特に支障がないのでそのままにします。


更に続けるを押すとこの画面になり、
主回線と副回線のどちらをデフォルト回線として設定するかを選択できます。

といったように設定していき


認識したらこのように表示されます。
ちなみに今回はAIRSIMのソフトバンク回線で契約してみたので
副回線のソフトバンクで認識しているのがAIRSIMになります。


ちなみに本来は特に設定せずにAutoで認識するはずが認識になかったので
設定を確認したらAPNがppcomになっていたので3gnetに変更したことで認識しました。
なのでAutoで設定されるはずのプランでも認識しない場合は、一度設定を確認してみるのが良いかもしれません。


設定画面はこんな感じです。
電話番号が各回線のしたに記載されます。
主回線の下は電話番号が表示されていたので消しています。
AIRSIMは電話番号が設定されていないので、このように
副回線の下にはスペースが無いです。

結論

問題なく国内ではDSDSでも認識されました
そして今度タイに行く予定があるのでそこでも実際に試してみて
追記する予定です。おそらく大丈夫でしょう。
これで海外に行くにもiPhoneをメインで使用していても
uber用に2台持っていく必要がなくなります!

ちなみにUQモバイルも持っていたのでマイネオとのDSDSを試しましたが
こちらも特に問題なく使用可能でした。
でもプロファイルは1つしかインストールできないので
基本はデータ回線用のSIMは固定されます。

 


余談ですが国際ローミングのソフトバンク回線を速度測定したら
こんな感じでまあまあの速度でした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA