海外での移動手段のおすすめ(タクシー編)

海外での移動手段で一番利用するのが電車。
その次にタクシーです。
そして私の場合一番難易度が高いのはバスです。

スポンサーリンク

その私が2番目に利用するタクシーですが
多くの人は海外でタクシー乗ると

ぼったくりに遭う
英語、もしくはその現地語で行き場所を伝えるのが大変
クレジットカードが使えず現地通貨が必要な事が多い

など億劫になる要素が色々あり
あまり利用したくはないと思う方も多いと思います。

ですがこれから紹介するアプリがあれば
気軽にタクシーを利用できるようになります!

配車アプリを利用すればメリットだらけ!
・アプリで登録したクレジットカードで払い
・アプリで行き先も入力するので行き先の説明の必要なし
・予め大体の料金が決まっているか、
 目印料金が先に表示されぼったくりも発生しない。
・配車アプリなので捕まえる必要がない。
・通常のタクシーを利用するより安い場合が多い

といった具合に良い事づくしです。
ではアプリの紹介です。

Uber

配車アプリの王道です!
ひとまずこれだけ入れておきましょう。
このアプリは主に日本では白タクと呼ばれる
タクシー会社に勤めてなく、
自分の車を使用してタクシー行為をしていることが一般的です。
そして目的地までの乗っている時間長くても変動はせず
配車した際に記載されている料金以上にはかかりません。(一部国を除く)
主にアメリカや色々な国で利用できるので
登録しておいて損はないです。

mytaxi

2つ目はmytaxi!
こちらのアプリは白タクではなく
タクシーが配車できるアプリです。
主にドイツなどヨーロッパで利用でき
逆にUberが使えないEU圏はこちらのアプリが利用できることが多いです。
こちらも最初に目安の料金がわかりますが、
タクシーなので実際にメーター利用しており
交通状況によっては料金の変動があります。

Grab

最後にGrab!
こちらは白タクとタクシー両方呼べる配車アプリです。
主に東南アジア圏で多く利用されており、
こちらもUberが利用できない国では重宝します!
ただし利用できる国にいないとクレジットカードの登録と
なぜか最初登録できたと思っても
出来てないことがあるみたいなので
2重チェックしましょう。

 

どれも使い方としてはほぼ同じで
現在地から行きたい場所を入力し
車が来たら乗り込み、現在地についたら

Uberはただ降りるだけ
mytaxiは降りる際にメーター料金を確認しアプリで決済処理を行う
Grabはただ降りるだけ(現金決済の場合はその時に払います)

最近はUberが利用できない国が多くなってきているので
上記3つは入れておくと、多くの現金を持たずに
タクシーが利用できるのでおすすめです!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA