独身社畜リーマンがSFC修行した結果

社畜リーマンの私がSFC修行で行ったルートとPP単価、合計料金を紹介します!
はじめにご説明しておきますと、一部のフライトだけしかPP単価にこだわってないので
同じ会社員で平日に休んで修行出来ない方には幾分かは参考になるかなと思います。

スポンサーリンク

私が修行をちゃんと始めようと思ったのが2018年4月でした。
それまでは、その前にマリオットのプラチナチャレンジを行っていたので
平行して行うのは金銭的に厳しいかなと思っていたからなんですが
途中で気が変わり、やる決意をしたので4月という若干遅い時期からのスタートになりました。

 

こちらが簡単な取得日と行き先、値段、PP、単価、合計料金です。
下記で各月ごとのフライト詳細を説明していきます。

 

1月

初PP取得が1月?って思われたかもしれませんが、
たまたま香港に行く時にANAを利用していたので
実際には1月からになります。 笑
こちらは予約したのが2018年1月というギリギリだったのもあり、
価格がだいぶ高い値段になってしまってます。

5月

元々ゴールデンウィークで旅行行く予定だったのですが
ちゃんと休めるかわからない社畜なもので
予約出来たのが4月となり
ターキッシュエアラインズは東京発の場合よりもとても安く出来ましたが
仁川往復のチケットが7万円台と破格に高くなってしまったのが
余計に単価が高くなりました。

6月

ここでついに修行僧らしいPP単価のフライトに!
6/3はプレミアム旅割28で
6/23は旅割75で予約しています。
この2つは本当に修行のためのフライトで
現地では何も出来ずただ行って帰ってきただけになりました。

 

7月

ここでもPP単価意識したフライトを予約したのですが
復路の時になぜかANAで登録は出来ないと言われ、その時提示していた
ターキッシュエアラインズのマイレージプログラムで登録されてしまい
ここでは片方だけしかマイル加算できませんでした。
登録されていれば復路のPP単価は10.22でした。

8月

こちらはとにかく、どこかに行きたいという欲求で
直前に予約することになったのでANAの株主優待使用した結果です。
なので割高です。

10月

シンガポールなどを最初考えていたのですが
バンコクでも5万PPに届くのでシンガポールよりも
バンコクのほうが行きたかったのでPPを優先せず
欲求にまかせた結果です。
ここで解脱しました!

まとめ

合計19フライトでPP単価15.59で
他の修行僧の方たちとはだいぶ高い結果になりました。
行きたいところに行きたいが、
あらがじめ休みが読めなく社畜リーマンには
このぐらいのPP単価であれば達成することが出来ます。

PP単価が高くなってしまうヨーロッパ
行きたいがPP単価も稼ぎたい場合は
タイ国際航空をおすすめします。
安いときは往復で18万ぐらいで18.000PPぐらい貯められ
サービスも良いので比較される中国国際航空よりもおすすめです。

中国国際航空がすごく悪いわけではありませんが
大半が北京でトランジットになると思うので
トランジット中の空港でgoogleやLINEが使えないことや
人が多すぎて乗り継ぎ時間も4時間はほしいと言われているので
それでも平気な人は中国国際航空でもOKです。

 

航空券買うならスカイスキャナーサプライスで!

 

ホテル予約するならエクスペディアで!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA