アルザス地方(ストラスブール、コルマール、リクヴィル、エギスハイム)旅行記 part3

前回の続きからになります。
前回がまだの方はこちらから!

Part1
Part2

ストラスブールのホテルで2泊目を過ごした早朝からです。

スポンサーリンク

朝食


朝ごはんですが、泊まったホテルの近所にパン屋さんがあったので
そこに行って購入しました!

そこそこ美味しかったです。

 

ストラスブール

朝食を食べてストラスブールの街を散策しました。
このときは7月だったので街中は花が咲いていて
カラフルでよかったです!

 

ストラスブール大聖堂


最後に向かったのは昨日もちょこっと来たストラスブール大聖堂です。
中には入らなかったのでこの日は中も見学しました。

 

内部はこんな感じでステンドグラスがきれいで落ち着いた雰囲気でした。

 

そしてこのあとは時間になったのでストラスブール空港に向かいます。
向かう先は帰国するために日本
ではなくて、ローマです。

なぜローマなのかというと
ローマからでないとA350の機材のタイ国際航空に乗れなかったからです。

A350がどうしても乗りたかったのです。
新しい機材だからではなく
ちょうどW杯決勝戦の日が帰国日で飛行機乗っている時間帯だったので
タイ国際航空は特定の機材であればSport 24という
LIVE配信が観られるのでローマ経由で帰ることにしました。

なのでいざローマへ。

 

ストラスブール空港

 


ストラスブール駅から最寄り駅のEntzheim-Aéroport駅まで大体10分ちょっとです。
周りはこの通りのどかな風景が広がっています。

 


駅からは徒歩で数分で着きます。

 

 


こちらが空港の全体像です。
小さな空港で、いかにも地方空港って感じでした。

 

 



空港内はこんな感じです。

 


こちらでHOP!(現在はエールフランスHOP)の航空会社の場合はチェックイン機でチェックインします。
預け荷物ある方は左側に有人カウンターがありますので、そちらからチェックイン可能です。

 


右側にはイベリア航空のチェックインカウンターがありました。

 


こちらから先が荷物検査になります。

 


制限エリア内はこんな感じです。

 


お店はこんな感じで少ないですがあります。
そしてこの先に出国審査みたいなところがありましたが
EU圏なのでスタンプが押されることはなかったので
なんのためかは謎でした。

 

 


ちなみにストラスブール空港のWiFiの速度はこんな感じで速くはなかったです。

では次回に続きます!

 

アルザス地方(ストラスブール、コルマール、リクヴィル、エギスハイム)旅行記 part4(ほぼローマ)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA