全日空 ANA NH203 ファーストクラス搭乗記

今回は2019年6月にANAのファーストクラスに搭乗しました。
もちろんマイル利用で特典航空券で予約しました。
搭乗便はNH203で羽田→フランクフルトの0:10発なので深夜便です。

ちなみに国内線から国際線乗り継ぎしているので
こちらの記事でLEXUSにも乗りました。

乗り継ぎ時間が10時間あってもANA & LEXUS CONNECTION利用できるの?

スポンサーリンク

ANA SUITE LOUNGE

ファーストクラスに乗ると入れるところがあります。
ANA SUITE LOUNGE
です!


早速ラウンジへ向かいます。





ラウンジ内の食べ物はこんな感じです。


私はスイートラウンジしか食べれないもので
パスタを頼みました。
こちらも美味しかったです!

 

機内


席に着くとウェルカムドリンクでシャンパンを頂けました。

 




さすがのファーストクラス、座席はとても広々しています!


ちなみに寝る場合はこのようにベッドメイクしてもらえます。
私の場合は隣の席が空席だったこともあり、そちらで寝る場所を用意して頂けました。

 

座席周辺設備




座席周りは電源コンセントやUSB、小物入れやメガネ入れみたいのもありました。
リクライニングも段階に分けて選択出来るよになっていました。

 

機内食



こちらは着陸前の出てくるメニューになります。
メニュー内容は
・長野県産鶏卵を使用した彩り野菜とカッテージチーズのフリッタータ ドライトマトソース
・フルーツ
・ブリオッシュ、クロワッサン
となっています。
こちらはとても美味しかったです!

離陸後は軽食が出てくるだけでそれ以外は
いつでも頼めるメニューを頼めば出してもらえます。

こちらがそのいつでも頼めるメニューの一つで味噌ラーメンです。
空の上で食べるラーメンは格別でした!
ちなみに着陸前にフレッシュジュースも頂けました。

 

機内メニュー


しっかりしたメニュー表です。







今回の深夜便には関係ないメニューもありました。
お昼やフランクフルトからの便だとこんなメニューが提供されているのかと確認が出来ます。

 

ヘッドホン


ソニー製のノイズキャンセリングヘッドホンでした。
ノイズキャンセリングの効力は絶大でした。

 

動画

動画でも紹介しています。

 

まとめ

やっぱりファーストクラスともなると格別です!
一度体験する価値はあるかなと。
でもファーストクラス最大限堪能するには
やはり深夜便ではなく、昼便で利用するのが良さそうです。
ちゃんとした食事は離陸後と着陸後2回ありますし
深夜便はすぐに寝たくなるので勿体無い気がしてならなかったです。

ですがフルフラットで寝心地はいいので寝る分にはとてもよいので
現地で到着直後最大限活動したい場合は良いです。

現在はどの航空会社もファーストクラスが減少傾向なので
もしかしたら最上位がビジネスクラスになる日もあるかもしれません。
その前にぜひマイルを貯めて贅沢な感じを体験してみてもらいたいです。

私もまたマイルを貯めて乗りたいですが、取ることも難しいので
ビジネスクラスで妥協してしまいそうですがまた狙います!
あと新シートになったハワイ線のファーストクラスにも乗ってみたいですね。

ビジネスクラスに乗ったときの紹介もしています。

全日空 ANA NH217 ビジネスクラス搭乗記

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA