ミラーレスカメラ初心者がR6用に買ったアクセサリーなど【交換レンズ持ってる人も必見!】

LF-CRF [レンズホルダー キャップ付キヤノンRFマウントレンズ用]

GoWing レンズホルダー・キャップ付き Canon RFマウントレンズ用

モラ

画像の商品とは別物ですが、出来ることは一緒で、レンズどこかに置くこともなく素早く交換ができるすぐれものです!
カメラにくっつけているレンズとプラスレンズを1本持ち歩く人にとっては最高のアイテムです!
ちなみにぶら下げてなくても、これをレンズにつけてかばんに入れて、交換のときかばんから一度出さなくても交換可能です。

 レンズペン

レンズペンはレンズを手入れをするのに便利です。
1本は持っておくのをおすすめします。

HAKUBA メンテナンス用品 レンズペンプロキットプラス 3本セット+ヘッドスペア+収納ファイバークロス ブラック KMC-LP23BKTP

ブロアー

ブロアーはホコリや小さいゴミなどを風で吹き飛ばすものです。
基本的にはカメラに関してはこすったりなどしたくない機器なので、これは必須かと!
レンズ交換するとどうしてもカメラとレンズの間からゴミが入ってくるので、それを吹き飛ばすのに便利です。
ブロアーに関しては大きくて風量があるかどうかだけなので、どのメーカーでもあまり変わりはないと思います。

レンズフィルター

保護用

レンズ保護用フィルターはレンズから指紋であったり、どこかにぶつけてしまった場合に変わりに割れてくれるなど、レンズを守ってくれます。
なので私は予防でつけてます。
面反射率が低ければ低いほどつけている影響が受けにくいので、下手に安いフィルターよりかはちょっと値段の張るものをおすすめします。

ソフトフィルター

ソフトレンズは若干ふんわりとした感じにさせて、
光とかもより大きく強調された感じになります。
どんな感じかはこちらでケンコーのブラックミストNo.05のレビューもしています!
よろしければご覧ください。

ケンコー・トキナーの「 ブラックミストNo.05 67mm」レビュー

液晶保護フィルター

フィルターは何かしらつけることをおすすめします。
α7Cはバリアングル液晶なので、液晶画面を外側に出さずに傷つかずにしまうことは出来ますが、
毎回それを行うであったり、せっかくの小型なのでさっと撮れないと意味がないので、外側に出した状態にすることが多いと思うので、
擦れて傷だらけになったりするので、つけたほうがいいかと思います。

そしてフィルムの中でも坂本ラヂヲのガラスフィルムをおすすめします。
とてもさわり心地がよく、指紋も付きにくく綺麗に表示されます!
ちょっとお値段高めですがおすすめです!

銀一×GRAMAS 液晶保護フィルム CANON デジタルカメラ Canon EOS R6 専用 DCG-CA21 表面硬度9H クリアな透明度 防汚コーティング ジャストサイズ 実機採寸 耐衝撃性能 耐指紋/皮脂

 

クリーニングクロス

カメラもレンズも含めいい値段するものなので、綺麗に拭き取れるあると便利です!
あめで濡れたときにレンズふくのにも便利!

 

カメラストラップ

ミラーレス一眼を購入したら、大体カメラメーカーのロゴが入ったストラップが付いていますが、あまり見た目的に好きじゃなかったので、別途購入しました。
こちらは完全好みの問題なのでお好きなのを購入されるのがいいかなと思います。

アンカーリンクス ANCHOR LINKS

こちらはカメラストラップとカメラ本体につけるもので、ストラップの着脱が簡単にできるようになるやつです。
実際に購入して使ってみたら本当に便利でした。
保管しているときとかストラップが付いている必要がないので、取り外したりしてます。

まとめ

本体やレンズだけじゃなく、このように細々したものが色々と必要になってきます。
この他にも色々と製品がありますが、最初から買う必要はなく、必要に応じて購入するのがいいのかなと思います。
とにかくレンズホルダーはすごく便利です!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA