ANA NH3231便 搭乗記 成田→仙台 アライバルラウンジも

2019年6月に成田空港から仙台空港まで行く際にANAの3231便を利用しました。
フライト時間は成田空港を10:00発になります。
プラチナ以上やSFC会員の場合は国内線用のラウンジを利用出来るのですが
成田空港の国内線の場合は国際線用のアライバルラウンジを利用できます。
そのラウンジも利用してみました。

スポンサーリンク

アライバルラウンジ






国内線専用ラウンジとは違いおにぎりなど食べ物もあります。
私は時間がなかったので飲み物だけ頂いて、すぐ出ましたが食べ物も美味しそうな感じでした。

 

 


ちなみにアライバルラウンジは保安検査場の手前にあるので
時間に余裕をもって利用が必要です。
この先が保安検査場になり、ゴールドトラックもあって有線レーンがあります。

 

 

機体


今回の機体はDHC8-Q400です。
小型機で座席は2-2の横4列です。
通常座席のみでプレミアムの座席はありません。

 

 

機内




小さい機体ですが窮屈な感じはなく、足元も拳2つ分ぐらいはあり余裕がありました。
機内サービスは国内線なので飲みのもの提供のみでした。

 

 

仙台空港到着時


仙台空港到着後はこのように歩く道が用意されており雨の日も安心です。

 

 

まとめ

今回は羽田ではなく成田からの国内線ということで新鮮で
アライバルラウンジが利用できる分他の国内線ラウンジよりも
食事もでき、満足度は高いです。
機体はボンバルディア社製のDHC8-Q400と小型機でしたが
膝の先は余裕あり圧迫感もなかったですが、窓側だと若干壁の足元が傾斜になっており、
片足だけ若干窮屈に感じるかもしれません。
それとプロペラ機なのでプロペラ周辺の座席だとうるさいと思います。
中大型機とあまり遜色ない快適なフライトでした。

 

おまけ(仙台空港から仙台駅までの行き方)


仙台空港から仙台駅までは、この写真を写しているところが
仙台空港駅までの連絡橋となっており、その駅から仙台空港アクセス線で仙台駅まで直通で行けます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA